引越し女子部

引越し部員達が女性目線から引っ越しや住まいに関する悩み解消方法をわかりやすくまとめています。

お部屋探し

新幹線補助の受けられる自治体4選!

東京都の家賃や物件価格は他の地域よりも高いといっても過言ではありません。また一般的に物価も高い傾向があります。その為、少し通勤時間がかかるとしても近隣の県などに家を買ったり、物件を借りたりして通勤する人も多いです。 これから引っ越しを考えて…

東京オリンピックのために引越すならどこの場所に住む?

リオディジャネイロオリンピック・パラリンピックは終了しましたが、期間中寝不足になった方々も多いのではないでしょうか?4年後には東京オリンピックが予定されており、オリンピック会場近くに住む人々への生活環境や地価への影響があると言われておりま…

友人の実体験による空き巣被害に合いにくい物件の条件

空き巣に合う家には、狙われやすい家と狙われにくい家があります。今回私の友人から、空き巣に合った時の反省点について聞くことが出来ました。引越しではどのような物件を選ぶと空き巣被害にあいにくいのかを、実際空き巣にあった友人の実体験を交えて紹介…

引越しに関する助成金制度のある市区町村10選

全国の自治体では、引越しに関する費用を助成しているところがあります。その内容は、引越し費用の助成、家賃補助、住宅の購入費用を助成など、対象や条件は様々です。今回、全国にある引越しに関する助成制度のある自治体から、特徴的なところ手当の充実し…

引越し挨拶回りの方法、おすすめの粗品など。

引っ越しでは、ご近所さんへの挨拶が大切です。これから長くなるお付き合い、初めの印象も重要です。しかし、引っ越しの挨拶では迷うこともいっぱいあるはず。そんな引っ越しのご挨拶について、今回は紹介します。

電力の自由化!新規参入する注目企業をピックアップ

引っ越しは電気の契約プランを見直す良い機会です。今年4月からは電力小売全面自由化によって、多くの企業が新しいプランが参入を表明しています。この春引っ越しをする方もそうではない方もこれを機会に一度電気の契約プランを見直してはいかがでしょうか?

収納が足りない!レンタル収納スペース,トランクルームのおすすめ

引っ越しの後、全て入るはずの荷物が収まらなかったという経験のある方や、物件選びで「後もうちょっと荷物が置けたらこの物件に決めるのに。」と思った事のある方も中にはいるのではないのでしょうか? マンション、アパートでよい部屋が見つかっても収納が…

住む場所の決め方・選び方の参考例4つ

引っ越すきっかけには色々な理由がありますが、転勤や転職など会社の都合で引っ越す社会人や進学・卒業がきっかけで引っ越す学生も多いです。そういった場合、なかなか選べないのが住む地域です。 必要に迫られて引っ越すのもサラリーマンやその家族、または…

コレがあると満足!女性に人気のある賃貸設備まとめ

日本では女性の就業率が約70%(2013年25歳~54歳)と、近年では働く女性も増え続けています。 とはいえ一般家庭の主婦は、主婦である以上家事や育児との両立を迫られている家庭も少なくありません。そんな時にとっても役立つのが家事に関する設備です。女性…

わたしが賃貸物件の下見でチェックするポイントはココ!

住居において、快適に生活が送れるかどうかは非常に重要な事です。引っ越した後に、住まいに関する設備が無かったり、住宅環境が悪い事に気付いたりしても時既に遅しです。今回は、住まいを選ぶ上で快適に過ごせるかどうかに影響する設備や生活環境ことにつ…

自治体でこんなに違う!!"医療助成制度・水道料金・助成金"のお話

物件探しをする時にエリアにある程度の選択肢がある場合は、一般的に通勤・通学、交通の利便性などが重要視されがちですが、各自治体の助成などを調べておく事も重要です。それによって生活する上での出費や生活のしやすさが大きく異なってくることもありま…

新しい引越し先の都市ガスorプロパンガス(LPガス)は必ずチェック!

引っ越し後によくある話が、想定外の出費です。新居に荷物を搬入し、いざ生活をしようとした頃に、買わなくてはならないものがある事に気付く方も多いです。そして急な出費が発生し困るのです。そうならない為にも、引っ越し前に確認しておきたい引っ越し先…

【賃貸の退去時】照明やエアコンは置いていってもいいの?買取請求のことなど。

賃貸物件から退去する際、照明は置いていくべきか?エアコンが物件に無かったので自分で取り付けたが外さないといけないのか?など、モノによっては置いていくべきか持っていくべきか迷う方も多いです。そこで、退去の時に置いていくべきか持っていくべきか…

失敗しない新居下見のコツ!6つのチェックポイント

不動産屋の物件情報をみて気になる物件を見つけたら、まず下見からはじまります。今回は女性目線から下見へ行く時にチェックしたいポイントを6つまとめてみました。部屋ばかり気にしがちですが周辺環境のチェックも重要ですよ。