引越し女子部

引越し部員達が女性目線から引っ越しや住まいに関する悩み解消方法をわかりやすくまとめています。

引越し業者への心付け(チップ)は必要?作業員に聞いてみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引っ越し当日に、迷うことのが引っ越し業者への心付けです。重いモノがたくさんあり、引っ越し業者の方はきっと大変な思いをするはず。やはりお礼は必要なのかと悩む方もいると思います。そこで「引っ越し業者への心付けが必要か」、「心付けを包むならいくら包むか」など、昔複数の引越し業者で仕事をしたことのある夫に聞いてみました。

f:id:blocube:20151123114544j:plain

1.基本的に心付けは不要

引っ越しに関わるものは引っ越し料金に含まれているので 基本的に引っ越しの際の心付け(チップ)は不要です。渡そうとしても、業者によっては受け取らないところもあります。

夫に、引っ越しのアルバイトをしていた頃、心付けを貰った事があるかどうかを聞いたところ、単身も含めて作業した8割~9割の引っ越し先で、心付け(チップ)は無かったそうです。しかし、心付けが無かったからといって特に何も思わないそうで、むしろ無くて当然だと思っていたので、心付けを貰った時はとても嬉しかったらしいです。

渡すタイミングとしても、作業が終わってから渡す方が多かったので、それによって作業が変わるという事も全いようです。渡すなら作業前が良さそうですね。

2.心付けはいくらか

心付けを貰う額としては1000円が多かったそうです。ごくたまに2000円貰う事もあったらしいですが、それ以上の金額は貰った事が無いと言っていました。引っ越しの作業員は、通常少なくても2名。多いと一般家庭であっても5~6人以上で作業する事があります。例え1000円でもそれだけの人数にお金を準備すると結構な金額になりますので、渡すのであれば1000円でも良いと思います。

追記.マイナビニュースで心付けの調査記事がありました。都道府県別にランキングが掲載されていて面白いので、ぜひ御覧ください。金額は直接現金ではなく”飲料”や”お菓子”の金額も考慮されています。

f:id:blocube:20160119114407j:plain

「差し入れ・心づけ総額」の全国平均は2,296円。都道府県別に見ると、上位TOP3は「徳島県」(4,100円)、「岡山県」(3,582円)、「兵庫県」(3,328円)。下位は「青森県」(500円)、「福井県」(600円)、「富山県」(710円)であった。最も金額の高かった徳島県と最下位の青森県の差は3,600円となった。

3.心付けが無くても嬉しいもてなし

心付け(チップ)以外のもてなしをしてくださる方もいたそうです。お弁当を出してくれたり、おやつを出してくれたりといったもてなしです。一年で引っ越し業者にとって最も忙しい3月は寒い日も多く、そんな日は温かい飲み物や食べ物がとってもありがたかったと言っていました。中には出前をとってくれるお客さんもいたようです。

バイト作業員は過酷

もう1つ、もてなしで嬉しいと言っていたのは「おやつ準備したので、いかがですか?」とお客さんが声をかけてくれることです。引っ越しは重労働であることが多い為、慣れないアルバイトの人は社員に比べると体力が少ないです。しかし、休憩させて下さい。と言えるはずもなく、ひたすら頑張るしかないのです。そんな時に、お客さんから声をかけてくれる事で休憩になり、少し体力が回復する・モチベーションが上がると言っていました。

ただし、繁忙期は一日に何件も作業する事も多い為、時間との勝負です。仮に断られたとしても、理解をしてあげてください。もし仮に、出前などを注文する場合には一言時間は大丈夫かの確認をしておいた方がよいと思われます。

まとめ

以上のことから引っ越しの時の「心付け(チップ)」や「もてなし」は、あってもなくても問題無いと言えそうです。引っ越し業者は接客業でもあるで、横柄な方はまずいないと思いますが、同じ人間なので色々な方がいます。もし、渡すか渡さないか迷うようでしたら、準備しておいて作業してもらった後に「ありがとう」と思えたら、渡すというのも良いのではないでしょうか。また、その日の天候や状況に応じてちょっとした食べ物や飲み物を出すといった気遣いも作業者にとっては良さそうですね。

関連記事

著者プロフィール

パピヨン

パピヨン

夫が引越し業者で働いていた経験があり、引越し業界の内部情報のネタが豊富です。