引越し女子部

引越し部員達が女性目線から引っ越しや住まいに関する悩み解消方法をわかりやすくまとめています。

引越しの見積もりは何社に出すのが効率よく安くできるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:blocube:20160102231402j:plain

引越し業者に見積もりを出してもらうと思った時、何社に見積もりを出したら一番やりやすいのでしょうか?多くの業者に見積もってもらえばそれだけ安くなるのは間違いないのですが、手間を考えると出来るだけ効率よくやりたいですよね。

一番最初に引越し業者が提示する見積もり額は、妥当だと思える額よりも高い金額を提示してきます。最初の見積もりの段階でこれがギリギリですねと言いますが、私の経験では最初の提示額がギリギリだったことがありません(笑

 業者によって提示される金額が全然異なります。適当なんだろうなあといつも思っています。

1社のみで決めてしまうと絶対に損なので、節約をするなら複数業者からは見積もりをもらった方が良いです。

一般的に3~5社に見積もりを依頼する人が多い

沢山の業者を利用すればするだけ安く引越しできる可能性は高くなりますが、やはりその分、手間がかかります。私の場合は3社と決めています。

最低3社、多くて5社で充分ではないかと。

交渉のために他社の見積書、見積もりメールがほしい!

引越しの見積もりを複数社に出したとしても、自分の中で気になる本命の業者があるというのがほとんどではないでしょうか?出来れば本命の業者から安い見積もりが出たらいいなあと思いますよね。

でも、金額の交渉をする時に手ぶらだと難しいと思います。他社からの見積もりがない1社目の交渉って本当に難しいんですよね。

1社目の交渉が難しいなら1社目は捨ててしまえば?

手元に他社の見積もりがあれば「この前の業者さんはこの金額でしたが...」といった感じで交渉しやすいのですが、1社目はその方法が使えません。

ならば1社目の見積もりはある程度安そうなところを選んでおいて、見積もりだけ出して帰ってもらい2社目(本命)との交渉に利用するのがやりやすいと思います。

1社目は見積もり書をもらうことが目的!(安い見積もりメールでもOK)

手元に基準がないと交渉しづらいので、1社目の業者さんは最初からそのつもりで依頼をして本命の2社目に見積もりを出してもらいます。

2社目の見積もりは少なくとも1社目よりは低い金額が提示されるはずです。

これもその場で即決せずに3社目に見積もりに来てもらいましょう。

あとは2社目と3社目で価格競争して決めるだけ

3社に見積もりを出す場合は、2社目と3社目の業者をどうするかが重要だと思っています。

私は愛知県民なので一社は”アリさんマーク”を入れることが多いのですが、この業者のライバルが”サカイ引越しセンター”なのです!

1社目は一括見積もりサイトなどで適当な安そうな業者を利用して、本命は「アリさんVSサカイ」にすることが多いです。

ライバル意識が高い業者からの見積もりは安くなりやすいのですが、デメリットとしてはライバル意識が高すぎて片方を断るのが大変なことでしょうか;結構しつこいです。

最初から安いのは中小業者!交渉で安くなるのは大手業者

聞いたことない中小業者や赤帽は飛びぬけて安い見積もりを提示してくることが多いのですが、大手業者の見積もりは最初は高いです。荷物の少ない学生や単身のサラリーマンなら中小業者を利用して自分も手伝いながらやるのが安上がりなんじゃないかなーと思います。

ただ、交渉で安くなるのは大手業者です。

中小業者の場合は、最初から金額の決定権を持っているような人が営業に来るので、そのまま安い見積もり金額が出たりするのですが、大手だと営業サラリーマンが来ます。

営業マンに金額の決定権はないので、厳しい条件を提示した場合は支店長に電話などで確認しするしかありません。

営業マンは無理な金額を勝手に提示出来ないためそこの交渉の余地があります!

長距離の引越しはできるだけ多くの業者から見積もりをとるべき

単身だったり、近距離の引越しというのは3社から見積もりをとれば相場以下の金額になるはずですが、20万前後になるような大荷物or長距離の引っ越しは出来るだけ多くの業者から見積もりを取った方がよいです。

交渉前の段階で5万円以上の差が出ることも当たり前だからです。

高いところは高い、安いところは安いとハッキリした差が出るはずです。

著者プロフィール

由依

由依

転勤族夫をもつ主婦です。夫の転勤で結婚してから5回引っ越しました。 2~3年毎に全国をまわっています。