読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引越し女子部

引越し部員達が女性目線から引っ越しや住まいに関する悩み解消方法をわかりやすくまとめています。

引越しの際は”印鑑登録”の住所変更も必要!

このエントリーをはてなブックマークに追加

役場に印鑑登録をしている人の場合は引越しをする際に印鑑登録の住所変更もしなければなりません。印鑑登録をしている人は”印鑑登録証”というカードを持っていると思いますので、カードを持ち、役場で手続きを行います。手続きを行う際には一度カードを返還し、新しくその管轄の役場で改めて印鑑登録をすることになります。

印鑑登録証の例

f:id:blocube:20151104215502j:plain

f:id:blocube:20151104215511j:plain

出典:印鑑登録証の効力、登録できない印鑑 - 北九州市

旧住所の印鑑登録を抹消→新住所で再登録

市町村が違うところに引っ越しする際には必ず印鑑登録を一度抹消した上で、新しい住所の管轄の役場で印鑑登録をしなければなりません。市町村が変わらないのであればカードを持参するだけで印鑑登録の住所変更を行うことができます。

以前住んでいたところでの印鑑登録のカードというのは使えなくなってしまいますので間違えないようにしておきましょう。

※地域によっては転出届を出せば自動的に抹消される場合もあるので役所で確認してみてください。

印鑑登録というのは特に様々な手続きをする際に必要になってくると思いますので、引っ越しをする際には早めに印鑑登録の手続きを行っておくと良いと思います。

引越し関連の手続きで役所へ行く際は、実印登録する印鑑も忘れずに!

印鑑登録は抹消する時にはカードや身分証明書を持参すれば良いですが、改めて印鑑登録をする際には必ず印鑑登録する印鑑を持っていかなくてはなりません。

実印であれば間違えてしまうことはないと思いますが、実印以外の印鑑で印鑑登録をすると、複数の印鑑を持っている場合には、どの印鑑で印鑑登録をしたのかが後になってわからなくなってしまう可能性があるのでしっかりと管理するようにしてください。

印鑑登録したカードと一緒にまとめておくと良いと思います。印鑑登録は様々な場面で必要になってくると思いますので、転出・転入の手続きの際に同時に完了させておくと再度役所へ行かなくても良いので楽ですね。

関連記事

プロフィール

由依

由依

転勤族夫をもつ主婦です。夫の転勤で結婚してから5回引っ越しました。 2~3年毎に全国をまわっています。