読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引越し女子部

引越し部員達が女性目線から引っ越しや住まいに関する悩み解消方法をわかりやすくまとめています。

単身,近距離を格安引っ越し!全国の安い引越し業者一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:blocube:20160111191346j:plain

3月4月の引越しのシーズンが近づいてきていますが、どの引越し業者を利用するかもう決まっていますか?2月の相場は1月とほとんど変わりません。予約に空きがあるので、引越し料金も安く抑えられます。引越しの予約は1ヶ月前から出来る会社が多いので、可能なら来月中の引っ越しがおすすめです。

今回は引越し会社選びの参考として、”他業者と較べて見積もりが安い”というクチコミが多かった中小引っ越し業者をまとめてみました。

北海道から順に紹介していきます。

1. エール引越センター

対応地域:北海道

札幌を中心に旭川や帯広、北見など北海道に特化した引越し業者です。下請け業者を一切使わず中間コストをカットしているのと、札幌~札幌近郊を中心とした北海道内に特化して効率よく稼働して、余計なコストを省いているそうです。

HP:http://yale-r.jp/

2. うさぎマークのもり運送

対応地域:北海道

うさぎのマークが特徴の旭川や札幌を中心とした北海道の引越業者です。単身や荷物の少ない人向け。もり運送が安い理由は旭川市内は”時間制”その他北海道内の引越料金はすべて”距離”で計算される料金システムだからです。

旭川市内の引越し料金(トラック一台あたり)
  • 60分(1時間) 4,400円
  • 90分(1時間30分) 6,600円
  • 120分(2時間) 8,800円
市外の引越し料金(トラック一台あたり)
  • 旭川⇔札幌 25,800円
  • 旭川⇔苫小牧 30,700円
  • 旭川⇔函館 57,700円
  • 旭川⇔釧路 43,900円
  • 旭川⇔帯広 31,750円

HP:http://www.mori-unsou.com/

3. 引越屋バンバン

対応地域:北海道

石狩市の業者で創業は1975年。北海道ローカルで『引越屋~~~バン♪バン♪』というフレーズが耳に残るCMも流していて知名度もなかなか。北海道あるあるでもピックアップされる業者さんですね。

HP:http://www.hikkoshi-banban.com/

4. 町の引越屋さん

対応地域:大阪・神戸・京都・奈良・兵庫

近畿地域を中心に営業している地元密着系の引越し業者です。エアコンの取り外し、取り付け1台無料」のほか「引越の不用品回収2点以上1点無料」や「ハンガーBOX・クーラーBOXレンタル無料」など「8つの無料サービス」もお得。

選んだ理由は「安かったから」というコメントが多く、格安引越し業者として評判です。

HP:http://www.754830.com/

5. 引越しのプロロ

対応地域:東京、九州、北海道、神奈川

単身の長距離引越しの格安プランをウリにしている会社。「大物限定パック」や期日・期間を重視する「超速1DAY便」や「直行便」、料金を重視した安く抑えたい方向けの「ご実家フリー便」や「お手ごろ定期便」などプランも豊富です。

 作業員と値段は良いけど営業がちょっと、、という意見もありますね。

HP:http://www.prorow.jp/index.html

6. 人力引越社

対応地域:関東、京都、大阪、兵庫、滋賀

単身で安い見積もり料金の提示が評判の人力引越社。一発目の見積もりから安い料金を提示してくれるのが特徴です。人力なのにトラックというツッコミが時々ツイートされるように印象に残る業者名です。

 安さだけでなく対応も柔軟だということで評判も良いようですね。

HP:http://www.j-h-kyoto.com/

7. 引越一番

対応地域:愛知、東海

名古屋市をメインとして愛知県近郊に特化した引越し業者。”マニュアルに囚われずに、お客様一人一人のニーズを考えるべきである。”という方針で社長がかなり個性的。安いだけでなく対応も良いと評判の会社です。

 愛知県にお住まいの方は一度見積もりをとってみても良さそうですね。

HP:http://www.154-313.com/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

国内最大手の引越し業者は売上高順に「サカイ引越センター、日本通運、アートコーポレーション」となっています。業者を選ぶ時に取り敢えずサカイやアートに頼もうかなと考える人が多いと思います。

では地元系中小業者を選ぶメリットは何でしょう?

格安業者を使うメリット

メリットはやはり安い見積もりが出やすいことですよね。特に『近距離』『単身』『荷物が少ない』引越しで格安で料金を計算してくれる可能性が高いです。

私の経験でも一番最初に出る見積もりで飛び抜けて安い料金を提示するのが地元系中小業者という印象があります。

大手業者の見積もりは最初はふっかけてくるので高いです。中小業者は最初から安かったりします。ただ、大手業者は資本が大きいので、交渉による値引は大手の方が期待できます。

格安業者を使うデメリット

安さが一番のメリットですが、デメリットとしては適当な部分があるということ。きっちり計画道理に進まなかったり、こちらの言ったことが伝わっていなかったりすることがあります。

ただ、大手よりも融通が効くことも多く、こちらの要求に対する反応が早く、ある程度柔軟に対応してくれることが多いです。

もう一つのデメリットは長距離の引っ越しに弱い会社が多いということ。長距離の引越しは各地に支店がある大手の方が安く、引っ越しがスムーズに行える場合もあります。

よく利用される引越し一括見積りサイト
備考欄に「終日忙しいため連絡は電話ではなくメールのみでお願いします」と記載するのがオススメ。送られてきたメールはコピーすれば交渉材料にも使えるので安そうな会社を選ぶのがポイントです。
訪問見積もりの依頼ではないので、安い見積もりメールを手に入れるためだけに使っている人もいるのです。

LIFULL引越し【限定特典割引あり/優良業者130社】

24時間 全国対応

日本最大級の住宅情報サイトHOME'S(ホームズ)の無料一括見積りサービス。こちらから予約するとお得な割引特典がつきます♪登録業者の質も高くオススメ。

www.homes.co.jp

引越し達人【独自特典割引あり/30秒簡単入力】

24時間 全国対応

引越し達人セレクトの見積もり一括無料申込サービス。他サービスと比べ必要な入力項目が少なくて簡単です。シンプルなシステムが好みの方はこちらがオススメ!

www.homes.co.jp

関連記事

著者プロフィール

由依

由依

転勤族夫をもつ主婦です。夫の転勤で結婚してから5回引っ越しました。 2~3年毎に全国をまわっています。