引越し女子部

引越し部員達が女性目線から引っ越しや住まいに関する悩み解消方法をわかりやすくまとめています。

引越しによる子どものストレス

このエントリーをはてなブックマークに追加

引越しって精神的にも大変ですよね。大人でもそう思うということは、子どもにも同じように感じている子も当然います。我が家でも、引越しによって子どもの様子がおかしかったり、いつもと違う行動をとったりした子どもがいました。その子の性格にもよりますけど、引越し前後は親も大変なので、子どもがストレスを感じているって意外と気づかないんですよね。それでは、引越しによる子どもストレスについて考えていきたいと思います。

1. 引越しでストレスになる要因

f:id:blocube:20170530072543p:plain

引越しで子どものストレスになる一番の要因は、環境の変化です。住む家が変わり、学校や幼稚園も変わり、場合によっては家族構成も変わります。

住む家が変わったばかりの時は、必要なものが見当たらなかったり、自分の家にいても慣れない為、落ち着かなかったりします。それは子どもにとってもストレスとなっていると考えられます。また、慣れ親しんだ友達と離れることは、子どもにとっても辛いことでもあります。

私の息子も引越しの際には、友達と離れたくないと泣いていましたし、私の夫も小学3年生の頃に転校した際、転校が辛く転校した当日のことを未だに覚えているそうです。

2. ストレスのサイン

子どもがストレスを感じているかどうかは、普通に生活をしていると気づかないことも考えられます。新生活の際は、親にとっても大変な時期だとは思われますが、子どもをよく観察してストレスのサインを見逃さないようにしましょう。子どもによって、泣き出したり、ジンマシンや湿疹が起きたり、カンシャクを起こしたり、甘えん坊になったり・・・。

これらの症状は、少し様子をみていれば分かるものですが、中には分かりにくい子どももいます。我が家もそうでした。

我が家の例

我が家が最近引越したのが、ちょうど一年前。当時、小学5年生の息子は引越して数日後「学校へ行きたくない」と言い始めました。

引越す前も、同じようなことを言っていたこともあったので、また始まったとばかり思っていましたが、今回は違いました。それまで問題を起こしたことの無い子供でしたが、しばらくすると学校へスマホを持っていき先生から連絡がきたり、親に嘘をついて、友達におごるようなことをするようになってきたのです。

スマホについては、理由を聞くと友達にスマホを持ってきてと言われたとのこと。ストレスの度合いは本人にしか分かりませんが、今思えば、家に遊びに来る友達が引っ越し後コロコロ変わっていたのも、引越す前のような友達をみつけようと一人奮闘していたのかもしれません。

参考

2歳児いて引越しした方、子供は変化あった? | ママの交流掲示板 | ママスタ☆BBS


3. ストレスを感じている子どもへの対応は?

f:id:blocube:20170530073103p:plain

一番の近道は、子どもが何をどう感じているかを聞きそれを知ることです。なかなか自分から言い出さないお子さんもいると思いますので、普段から子どもの話を聞いてあげることが大切だと思います。

我が家では「学校へ行きたくない」と言っていた息子に対し、夫が頭ごなしに「いいから行け!」と怒っていましたが、本来は「なんで行きたくないのか?」を聞いてあげた方が良いと思われます。

素直に子どもが話してくれるとは限りませんが、そういった姿勢を見せてあげることで親は子どもの見方だと感じ取り、自分から話をしてくれる可能性もあります。いずれにしても、ストレスの要因を聞き、会話をして、子どもの言うことを否定しないことです。

4. 引越して良かったと思えることを作るのも大切

引越し後、公園などのレジャー施設でもよいですし、外食でも、子ども部屋を作るでもいいですので、引越して良かったと思えることを作ってあげてみてください。我が家では、DIYで子ども部屋をリフォームし、車で10分程度にある大型の公園にたまに連れて行ったり、毎週のように温泉に行ったりしました。

引越して楽しいことが見つかり始めると、自然と引越す前は良かったということよりも、これからどうしたいという希望を込めたことを言うようになり始めます。是非、何でもいいので楽しいことを作ってあげてみてください。

まとめ

出来れば、引越しをさせて子どもに転校(転園)をさせたくないと考えている方も多いと思います。しかし、実際問題転校させなくてはならないとならない場合には、引越し後の子どもへのケアが大切です。この時期、同じような悩みを持った子どもやそのお母さんも多いと思いますが、時間が解決してくれることもあります。我が家では、引越し後子どもが精神的に落ち着くまで1年かかりました。いつも以上に子どもの様子にアンテナをはり、親子の会話を大切にするようにしてあげてください。

著者プロフィール

パピヨン

パピヨン
夫が引越し業者で働いていた経験があり、引越し業界の内部情報のネタが豊富です。

関連記事