引越し女子部

引越し部員達が女性目線から引っ越しや住まいに関する悩み解消方法をわかりやすくまとめています。

引越し業者の支店は引越し元、引越し先両方をチェックしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

県外への引越しでは、引越す前の県と引越し先の県にそれぞれ引越し業者の支店があると便利です。今回大手引越し業者7社の支店がどの位各都道府県に調査しました。(2016年10月時点。一部支店・拠点略。グループ会社は基本除外。)ぜひ引越し業者を決めるときの参考にしてみてください。

なぜ引っ越す前の県と引っ越し先の県それぞれに支店があると良いのか?

f:id:blocube:20161022135244p:plain

一番はコストメリットです。引越し先に支店が無いとピストン輸送をするか提携先の業者に依頼することになる為、割高となります。また、提携先業者を利用すると日程的に遅くなる場合や複数業者を介すためレスポンスが遅くなる場合もあります。更に同じ水準(挨拶や対応等)でのサービスが提供されるかという不安もありますので、引越し先の県にも支店があることは利用者にとってのメリットが大きいです。

1. アリさんマークの引越社(支店一覧

アリさんマークの引っ越し社は、従業員数3,965名(平成26年5月末現在)、車両数1,351台(平成26年5月末現在)の引越し業者です。関西、近畿、関東を初め、九州や四国の一部地域へも支店展開をしておりますが、全国展開をしている会社ではありません。最も特徴的なこととしては、引越しの一部を運送業者への委託をしないことによって、引越し専門業者としての引越し技術向上、品質向上に努めていることです。(閑散期は、引越し以外の荷物を運ぶこともあります。)

2. アート引越しセンター(支店一覧

アート引越しセンターは、従業員数2,589名(平成27年9月現在)、車両数約3,300台(平成27年9月現在)の引越業者です。47都道府県に支店があります。全国的に知名度も高く、女性スタッフによるレディースパックや独自の高い品質・技術が特徴的な会社です。顧客満足度向上にこだわりを持っている業者でもあります。

3. アーク引越センター(支店一覧

アーク引越センターは従業員数590名(グループ計)、車両数330台の引越し業者です。事業所数自体は多くありませんが、拠点数は1994年のギネスに登録されているほど多い拠点数を誇っているようです。その拠点数は200以上。現在の正確な拠点数はHPから読み取ることは出来ませんが、全国展開している引越し業者と言えます。担当するスタッフは委託社員ではなく全て自社の専門スタッフという特徴もあります。「TVチャンピオン2」の「大手7社対抗引越し屋さん選手権」(2008年6月19日放映)で、優勝した経歴もあり高い技術力を誇る引越し業者です。

4. 日本通運(支店一覧

日本通運は、32,094人(引越し以外の他業種含む)の業者です。全国39支店236店舗で、国内だけではなく海外の236店舗610支店と店舗数が多く、鉄道輸送、海上コンテナなどを組み合わせた様々な輸送方法が特徴的です。他には見られない輸送方法も利用できるため、コストや納期でメリットのあることも多いようです。

5. サカイ引越センター(支店一覧

サカイ引越センターは社員数5379人、車両数3636台、支店数177の引越し専門業者です。47都道府県すべてに支店が存在します。売上高、作業件数では3年連続で日本一位を達成しています。特徴的なCMをご覧になった方はお分かり頂けると思いますが、本社が大阪で、特に関西地域に支店を多く持っています。

6.  ハトのマークの引越センター(支店一覧

ハトのマークの引越センターはセンター数200センター、車両数2200台の引越し専門業者です。和歌山、鳥取・島根や四国の一部地域にセンターはありませんが、センター総数200のネットワークを生かし全国展開しています。オリコンの2016日本顧客満足度調査で1位を獲得した業者で、利用した方の満足度も高いようです

8. ダック引越センター(支店一覧

ダック引越センターは従業員数706人、車両数629台の引越し専門業者です。(HPには1691台とも書いており、正しくはどちらか不明)

関東を中心に支店展開をしております。2007年にはアートコーポレーション㈱へグループ化され、2011年にはアートバンラインと合併、同社の引越し部門となっておりますが名前は引き継がれています。東京に研修センターを設けたり、コールセンターの教育にも力を入れたりして、顧客満足に取り組んでいる企業でもあります。

まとめ

引越し業者を比較するときには、複数社見積もりを出してみて金額と日取りで決める方も多いと思います。引越し業者は地元密着型も含めるとかなり多くの業者がありますから、自分の引越し先に合わせ、支店が多い業者に頼んでみるのも良いかと思われます。しかし、一覧はあくまでもHP情報の為、業者によってはHPで拠点をオープンにしていないところもありますのでご了承ください。

関連記事

著者プロフィール

パピヨン

パピヨン
夫が引越し業者で働いていた経験があり、引越し業界の内部情報のネタが豊富です。