読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引越し女子部

引越し部員達が女性目線から引っ越しや住まいに関する悩み解消方法をわかりやすくまとめています。

即日、翌日の急な引越しに対応できる業者の探し方。

このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的にはどこの引越し業者でも、トラックや人員などスケジュールさえ空いていれば、即日翌日の急な引越しにも対応してもらえます。当日、翌日といったように急な引越しに対応してくれる業者も世の中にはたくさんあります。

ただ、それを探すのが非常に困難なだけです。情報を知らないと引越し業者に電話を一件一件して、という風に骨の折れる作業をしなければなりません。その点では、インターネットなど一括で見積もりをしてくれる依頼サイトが便利です。

1. 引越し見積もりサービスの利用がオススメ

f:id:blocube:20151101162653j:plain

見積もり依頼サイトというのは日付や場所などいくつかの条件を入力するだけで業者の方から返事が来るシステムになっています。例えば今日や明日の日付を指定して返事が来た業者に依頼すればよいという訳なのです。

サイトによってシステムは異なりますが、すぐに対応できる業者は予定が空いている業者なので、どの業者が対応してくれるかタイミング次第です。

24時間受け付けしている引越し予約サイト

LIFULL引越し【特典割引あり/参加業者130社以上】

複数の引越し業者からの比較見積もりで最大50%オフになる!日本最大級の住宅情報サイトHOME'S(ホームズ)運営の引越し無料一括見積り。こちらから予約するとお得な割引特典がつくのでオススメです♪

www.homes.co.jp

備考欄に「とにかく急いでいる」事を伝えましょう

一括見積もりサービスを申し込む時に、必ず自由に記入ができる”備考欄”があります。この欄に「△△△のため○○までに引越したい」「時間帯はいつでも」のように、急いでいること、そして理由も記入しておくと良いです。

通常なら数分後にメール、電話で連絡がきます

見積もりサイトには大手業者から中小業者まで100社以上の業者が参加しているため、2月~3月の引越しシーズンでもない限り、必ず対応できる業者が見つかります。

電話連絡が煩わしい場合は備考欄に「必ずメールでご連絡ください」といった旨を記載しましょう。(それでも電話をかけてくる業者が多いです)

サービスの確認もきちんとしましょう

急な引越し依頼の場合、注意する点としては値引きや付帯サービスになります。急ぎの引越しなのでこちら側も何も準備できていないということが多いです。ダンボールなどを用意してくれるのか、部屋の中の片付けや清掃まで手伝ってもらえるのか、それから電気や電話といった公共料金の休止も行なってくれるのか、不要品の処分はしてくれるのか、といったサービスの点まで調べておくと便利です。

  • ダンボールの用意
  • 荷造りの代行、手伝い
  • 不要品の処分
  • 公共料金などの事務手続き代行

当日や翌日の場合はやはり割引してくれるかという点も重要になります。金額としては割高の傾向になりますが、その中でもどういった点が値引きになるのかということをよく聞いておきましょう。

2. 小規模の業者を狙う!

大手業者の場合、どうしても社内での手続きが多くすぐに対応できない業者もあり、中小業者からの連絡が多くなると思います。また急な引越しを売りにしている業者もあります。主に小規模の引越し業者になりますが、単身者を対象にしていたり、土日でもOKというところが多いようです。

注意点

小規模なので作業員の人数が少ないことがほとんどで、依頼者自身が手伝わなければならない案件も多いようです。遠い場所や二階以上だと重たいものを運ぶのに苦労するので、その点は確認しておく必要があるでしょう。

また無理な作業をする事によるトラブルや、高額な料金を請求する悪質な業者も存在するので、申し込む前にネットで検索して評判もチェックしておきましょう。

引越し会社は業者によって引越し費用に大幅な開きがあることがあります。相場を知っていないと損をすることになるので複数の見積もりを比較してみることも大切だといえるでしょう。

プロフィール

由依

由依

転勤族夫をもつ主婦です。夫の転勤で結婚してから5回引っ越しました。 2~3年毎に全国をまわっています。