読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引越し女子部

引越し部員達が女性目線から引っ越しや住まいに関する悩み解消方法をわかりやすくまとめています。

食器(お皿・コップ)など割れ物の梱包方法!動画でコツを覚えよう

引越し準備 引越し準備-荷造り
このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:blocube:20160206150059j:plain

引っ越しの梱包で最も気を遣うのが、コップや皿などです。食器類は、配達業者さんであっても荷物の箱に「割れもの」シールを貼るくらい気を使わなくてはならないものなのです。

例え配達業者さんや引っ越し業者さんが気を使って荷物を積んでも、包み方や入れ方次第では、食器類は割れてしまいます。割れにくい梱包の仕方を身に着けて、これから迎える引っ越しシーズンに生かしてはいかがでしょうか?

グラス、カップ、コップの違いは?

食器類には、皿やお椀、茶碗、コップ、丼ぶり、箸、スプーンなどがあります。一般的に陶器やガラスで出来ている皿や茶碗は割れやすく、お椀などは木製なので割れにくいですよね。

コップは割れやすいものと割れにくいものがあります。コップと似たようなものでグラスとカップと呼ぶものもあります。コップとグラスとコップは、それぞれ飲み物を飲むための容器になりますが、意味合いが異なってきます。

コップ

NEW KALAS キッズ食器 カラフルコップ6個 プラスチック製 IKEA 701.929.63

コップとは素材や形に関わらず飲み物用の容器の総称です。

カップ

【Amazon.co.jp限定】Amazonオリジナルマグカップ黒

取っ手付きのものはカップといい、マグカップ、コーヒーカップ、ティーカップがあります。

取っ手がある陶器などは、後にも触れますが取っ手部分が割れやすいです。

グラス

タンブラー スプリッツァー グラス しおり付き 3個 セット 食洗機対応 325ml B-45102HS-JAN-P

飲み物の容器でガラス製のものはグラスといい、ワイングラス、シャンパングラス、タンブラーグラスなどがあり通常ガラス製です。グラスも割れやすいので梱包に気を付ける必要があります。

梱包のポイント

1.食器は材質と厚さによって割れやすさが異なる。

当然、コップや皿などの割れ物は材質によって割れやすさが異なります。木製のお椀やプラスチック製のコップを落としても割れないことを想像するとよくわかると思います。

最近では陶器のように見えても割れにくい食器が多く流通しておりますが、一般的な食器との見分けは難しいです。また割れやすさは食器の厚さ、食器の質量によっても変わってきます。

2.形状のある部分は、重点的に梱包する

形状のあるものは、特に割れやすいです。細い部分や薄い部分、先端部を重点的に梱包することが大切です。

例えばワイングラスの細い部分や急須の注ぎ口、カップの取っ手などは割れやすい部分になるので、全体を梱包する前に更に梱包しておくと良いです。

3.食器は1個ずつ梱包が望ましい

基本的に、割れ物は1個ずつ梱包することが望ましいです。お椀やプラスチックであっても、運搬中は少なからず振動で擦れるので、欠けたり傷ついたりする可能性があるからです。一方で、スプーンやフォーク、箸などは布で包んで梱包したり、輪ゴムで梱包してから布で包んだりしたほうがバラバラになりにくく、運搬時の音もきにならないでしょう。

梱包のテクニック動画集

引越し時の食器梱包で参考になる動画を集めてみました。みなさん色々なテクニックを公開されていますが、その中でも取り入れやすいものをピックアップしてみました。

新聞紙をクッションに使う

新聞紙を使った梱包方法

ワイングラスの梱包方法

紙皿を使ったお皿の梱包テクニック

引っ越し業者プロの梱包方法

梱包材に重要なのはクッション性

梱包材に最も適しているのは、クッション性が高いものです。割れないように包むのが目的ですから、材質は何であれ食器を保護できることが重要です。

ホームセンターなどでは初めから食器の大きさ程度の緩衝材や梱包材が売ってあります。面倒でなければ大きな緩衝材(プチプチシートなど)をはさみで切って使用すると、安上がりに済みます。もっと安く済ませたいのであれば、新聞紙や広告紙を使用する方法もあります。

その際は、そのまま包まず一度クチャクチャにして紙自体にクッション性を持たせることが重要です。

梱包素材として使えるもの
  • 新聞紙
  • プチプチシート
  • 緩衝材、梱包材
  • タオル

私はタオルをクッション素材として使用しています

裏技としては、タオルやバスタオルを使用するという方法もあります。緩衝材や新聞紙などを使った時よりも、ゴミも出ず荷物(タオルなど)が同梱出来るので結果的に荷物の量が減る可能性もあります。

ダンボールに入れる時の注意点

ダンボールへ食器を入れるときには、普段使用したり収納したりするときの状態で入れましょう。無理な詰め方をすると割れやすくなります。

また、一つの段ボールに食器を入れすぎると重みで底が抜けることがありますので注意しましょう。同じ段ボールの中でも重いものは下にし、持てる程度の軽さにしておくことが重要です。

ダンボールの側面や底面、上面は外部からの力が加わりやすい部分でもありますので、梱包した食器類をそのまま入れるのではなく、初めに緩衝材(新聞紙やタオルでもOK)を入れてから梱包した食器類を詰めていくことが理想です。

まとめ

ところでコップはなぜ割れてしまうのでしょうか?

例えばガラス材を例にしてみてみましょう。割れやすいというイメージのあるガラスの硬度は、実は非常に高いです。

外部から力が加わったときに、ガラスへは圧縮応力(圧縮する力)と引っ張り応力(引っ張る力)がほぼ同時に発生します。そのうちの引っ張り応力によってガラスは割れるのです。また、割れが発生する場合、ミクロ単位の細かい傷から割れの起因となることも少なくありません。

モノが割れることを防ぐには、割れやすい材料を選ばないことと、応力を集中させないことが大切です。

しかし陶器や陶磁器、セラミック類などの食器を購入している時点で割れやすい材質を選んでいることになりますから、食器へ出来るだけ力を加えないよう工夫させることが重要なのです。

引越し時のことまで考えると割れにくい素材の食器で揃えておくと、梱包が楽になりますよね。

 関連記事

著者プロフィール

パピヨン

パピヨン

夫が引越し業者で働いていた経験があり、引越し業界の内部情報のネタが豊富です。