引越し女子部公式ブログ

引越し部員達が女性目線から引っ越しや住まいに関する悩み解消方法をわかりやすくまとめています。

【引越し】荷造りに役立つ入れ物5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

業者に引越しの運搬をお願いするときには、無料でダンボールが貰えたり、食器専用のエコBOXを準備してくれたりと、荷物の入れ物に困らない方も多いと思います。

一方で業者に頼まず自分で引越しをされる方は、ダンボールの手配だけでもなかなか大変なものです。まして、それぞれの用途にあった種類やサイズのダンボールを準備することは大変手間のかかることでもあります。

今では、昔にはなかった非常に便利な運搬に使えるダンボールなどが増えてきています。私も引越し業者に依頼した際に見たことはあっても、知らなかったアイテムが多く販売されていることを知って驚いた一人です。

それでは、引越しの際に活用したい『荷物の入れ物オススメ5点』をご紹介いたします。

1.ハンガー吊るしダンボール

一般的に、衣料品関係は衣装ケースやダンボールに入れて運搬することが多いです。そんな衣料品でもそのまま衣装ケースやダンボールに入れるのをためらうのが、スーツやデリケート衣類です。

引越し業者に頼んだことがある方は、ハンガー吊るしダンボールを見たことのある方もいると思いますが、一般市販用にもハンガー吊るしダンボールはあります。

ダンボールの中には、複数枚の衣装を入れることができ、送料込みで2,000円くらいからあります。 

2.テレビ梱包用ダンボール

大型テレビの運搬は、梱包も大変です。ダンボールを複数枚つなげて梱包したり、毛布やタオルケットのようなもので一度包んでから紐で縛ったりと、何とか梱包することは出来ると思いますが、とにかく手間と時間がかかります。

そんなときに便利なのがテレビ梱包用のダンボールです。小型のテレビはもちろん、50インチ程度の大型のダンボールまであり種類が豊富です。

通常エアパッキンなどの梱包材の他に、ダンボールの中でテレビが動かないように工夫されているので、破損やキズの心配も少なく安心です。

3.ふとん袋/ふとん圧縮袋

忘れてしまいがちなのが、ふとんの入れ物です。非常に大きい為専用の入れ物でなければなかなか入れることが出来ません。インターネットはもちろん身近なホームセンターでも売っています。

荷物の量が減るからと言って、なんでもかんでも圧縮袋を使えば良いというものでもありません。羽毛布団や羽根布団にはダウンの他にフェザーの羽根が使われていることがあります。

(ちなみに羽毛布団はダウンを50%以上使用したもので、羽根布団はダンが50%未満のもの)ダウンはガチョウや鴨など水鳥のふわふわした「わた羽」で硬い軸の部分がありませんが、フェザーには硬い軸の部分があります。

圧縮した際に袋に穴が開く恐れもありますので、そういった布団は布団袋を使用する方が良いです。

4.靴用しきりダンボール

靴の運搬時は、購入した時の箱や適当にダンボールの中へ入れて運ぶ方も多いと思います。しかし、まとめて普通のダンボールにいれると箱の中で靴が擦れたり、軽いのでダンボールも潰れしまったりと、靴を大切にしている方には困る方もいると思います。

個別に靴を買った時の小箱に入れるのも良いですが、数が足りなくなったり箱の大きさがまちまちになったりもします。

そこで便利なのが靴用しきりダンボールです。ダンボールの中で靴がバラバラにならず、仕切りがある為通常のダンボールよりも丈夫になります。

靴の沢山ある方、靴を大切にされている方は是非検討してみてください。 

5.丈夫なダンボール

割れ物や機械類など絶対に壊れてほしくないものは、厳重に梱包をされると思いますが、それを入れるダンボールが壊れてしまっては元も子もありません。

そんな時に検討したいのが、普通のダンボールよりもとても丈夫な『強化ダンボール』というものです。販売元により名称は様々ですが、大人が上に載っても潰れないような丈夫なダンボールまであります。 

ちょっと高くて購入をためらう場合には、自作でダンボールを強化してみましょう。
引越しのトップランナームービングエスでは、ダンボールの強化方法の一例を紹介しています。

まとめ

自分で引越しされる方は、ホームセンターで売っているような市販のダンボールやスーパーなどから貰ってきたダンボールに何でも入れてしまうという方も多いと思いますが、コスト優先だけではなく利便性や安全性も考えて、専用のダンボールや入れ物の購入も検討してみてください。

関連記事

著者プロフィール

パピヨン 引越し女子部

パピヨン
夫が引越し業者で働いていた経験があり、引越し業界の内部情報のネタが豊富です。