引越し女子部公式ブログ

引越し部員達が女性目線から引っ越しや住まいに関する悩み解消方法をわかりやすくまとめています。

【引越しの転居届】同一市区町村内の場合について

このエントリーをはてなブックマークに追加

県外、または他の市町村区への引越しの際には「転出届」「転居届」が必要だということを前回の記事でまとめました。

転出届は今住んでいる市町村外に引越す場合に必要な書類で、同じ市町村内で引っ越しの場合には、役場に”転居届”という書類を提出する必要があります。

転居届というのは転出届けや転入届とは違っていてその場で簡単に住所変更が行えます。

同一市町村区内の引越しは「転居届」

f:id:blocube:20151104164443j:plain

転居届けを提出すると、新しい住所に更新された住民票や保険証の発行をしてもらうことができます。

ただ同じ市町村だからといって、転居届けを出さないままでいると、役場からの郵便物などが届きませんし、運転免許証や様々な光熱費などの住所変更を行うことができないので、必ず提出するようにしてください。

転居届を提出する時には身分証明証や印鑑を持っていけば良いです。転居届は受付をしているのが平日のみになり、仕事を休む必要があると思いますが、必ずしっかりと提出し、他に必要な手続きなども行っておくと良いと思います。

手続きに必要なもの

  • 転居届 1通
  • 身分証
  • 印鑑(必要な場合も有るため)
  • 転居する全員分のマイナンバーカード
  • 在学証明書(小中学校に在学の方が転居したときで、学校区が変わるとき)
  • 介護保険被保険者証(交付を受けている方)
  • 顔写真ありの住民基本台帳カード(交付を受けている方)
  • 国民健康保険被保険者証(加入者)
  • 国民年金手帳(加入者)

マイナンバーカードをお持ちの方は、カードの住所を新住所に変更するので忘れないように持っていってくださいね。

代理で転居届を出す場合

代理で転居届を提出する際は、上記の持ち物に加えて必ず委任状が必要なのでお忘れなく。委任状はHPからダウンロードできることが多いです。

住民票も同時にもらっておきましょう。

転居届を提出するとその場で新しい住所の住民票をもらうことができますので、同時に必要な枚数をもらっておきましょう。

その後に運転免許証の住所変更などをする必要があるので、住民票をもらっておけば何度も役所に行かずに済みますよ。

また、引越しというのはとても大変なものですから、疲れていたりすると転居届を提出するのが遅くなってしまうような場合もあると思いますが、転居後14日以内に届け出をする必要があるのでお忘れなく。

忘れがちな転居届

同一市区町村の引越しでも手続きはしっかりしておきましょう!

まずは、転居届けをしっかりと提出しておかないと、お子様がいる場合には、学校の手続きなどが行えなくなってしまいます。

引越しの準備でバタバタしてしまい忘れがちな転居届の提出ですが、転居するまでの14日間のどこかで時間を作り、必ず提出しに行くようにしてくださいね。

関連記事

 

プロフィール

引越し女子部 由依

由依

転勤族夫をもつ主婦です。夫の転勤で結婚してから5回引っ越しました。 2~3年毎に全国をまわっています。